私は投資判断やリスク管理に「収益還元法」を中心と
 した金融工学の考え方を使っています。
 
 ここではなるべく簡単に、この金融工学のエッセンス
 をご紹介してみます。

 「金融工学」・・・名前は大げさですが、ロジカルな
 判断方法とし知っておいて損はないと思いますヨ!

 初めての方まずバックナンバーをご一読頂く事を
 オススメします。

 バックナンバーはこちら 

「マネーゲームではない本当の投資」
 一緒に考えて見ませんか?!
 
【アクリバ理論その18】最後の手段、裁定取引!

 前回は
 「プロのファンダメンタルズ分析でも、そうそう当た
  るものではない。結果として現状の延長線になって
  しまっているだけの事が多い。」

 なんてお話でした。

 なんだか「先の予測は不可能」と言っている様にしか聞こ
 えませんよね・・・

 でも、私は「Buy And Holdを超える方法はある」と考えて
 います。ゆっくり進めてゆきますネ!

 今回は裁定取引の話です。

 【裁定取引とは?!:知っている人は飛ばして下さい】

 本来の意味は価格差を利用して利益を上げる事です。

 良くあるのが、日経平均現物と日経平均先物のサヤとり。

 東京市場で日経平均が1万円の時に大阪の先物がもし2
 万円だったら・・・先物を売り/現物を買いとします。

 先物と現物は「清算日」には同じ値段になりますので、
 先程の例だと価格差1万円が確実に利益になります。

 ※これは、あくまで例です。現実には10円前後しか値
  差は発生しません。よって短期金利分をGETするの
  がせいぜいです。

 この様に「価格差」(歪と言ったりします)を見つけて、
 それを利益にするワケです。上手く価格差さえ見つかれ
 ば、極めてリスクの少ない手法です。

 【ちょっと変わった裁定取引の実例】

 面白い例では「ニッポン放送」と「フジテレビ」が有名
 ですね。

 2002年3月末のニッポン放送の時価総額は1400億円
 でした。ところが、このニッポン放送が所持していた子
 会社のフジテレビ株の時価は2500億円だったのです。

 つまり、
  1:ニッポン放送をすべて買い取って(1400億円)
  2:資産のフジテレビ株をずべて売却(2500億円)
 とすれば「絶対に儲かる」状態でした。

 これに目を付けたある米ファンドが3年がかりで仕込み
 フジテレビとライブドアの攻防が始まるや否や約 100億
 円の利益を上げたそうです。

 この米ファンドの行った方法もある意味「裁定取引」に
 あたると言えます。本来の「サヤ取り」と若干意味合い
 が変わっていますが、

 「価値と価格の差が生じている場合、その差が将来縮小
  することを期待しての投資」

 が、広い意味での「裁定取引」です。
 リスクの少ない確実な投資ですよね!

 個人投資家の中でもこの歪に気が付いて、騒ぎになる前
 に「ニッポン放送買い」としていた人もいるかも知れま
 せん。

 さて、当時のフジテレビとライブドアの攻防は覚えてお
 られる方も多いでしょう。この「騒ぎが始まった後」の
 ニッポン放送株、フジテレビ株、ライブドア株はまさに
 マネーゲームの戦場でした。
 
 しかし、この時点でゲームに参加しても、勝敗を分ける
 のはもはや運でしかありません。正直言って「バクチ」
 と言って良いでしょう。

 後半のマネーゲームと前述の米ファンドの行動

 ○ 確実な手法で儲けを手にした「米ファンド」
 ○「自分のヨミは当たる」と信じてマネーゲームに参加した人々

 両者には根本的な違いがある事はご理解頂けると思います。

 【裁定取引の拡大解釈】

 さて、先程の例の如く「現物と先物の値差」なら簡単な
 のですが、

  1:簡単ゆえに誰でも見つけることができる。
  2:そして値差が発生すると、誰かがスグに反対取引
    をしかける。
  3:結果、大きな値差はほとんど発生しない。

 と言う状況です。従いまして、「簡単な物」はさほど利
 益につながりません。

 そこで、世界中の「裁定取引屋」は、スグにそれとは分
 からない物を含めて裁定取引の機会を捜し求めています。

 そんな中で、「裁定取引」と言う言葉が

 「市場価格が、何かの理由でその実質価値と間で差を生
  じている場合、この差が将来縮小する事を見越して行
  う取引」
 
 と言う様に意味合いが変わって来ています。
 
 そんなワケで最近は

  「債券と株の裁定取引」

 なんて言い方もされます。
 これなんて「サヤ取り」とは根本的に違いますね!

 でも、これら「拡大解釈」を含めた「裁定取引」は
 テクニカル/ファンダメンタルズを否定してきた研究者
 達の中でも比較的好意的に取られています。

 こんな表現です

 「明らかな市場の歪が将来修正される事を期待する手法
  は比較的有効。但し、歪は簡単にはみつからない。」

 【最後の手段、裁定取引!】

 金融工学の基本に「無裁定価格理論」と言うものがあり
 ます。これは

 「どんな商品でも、市場価格は(いずれは)その価値に
  等しくなる」
  #この市場価格と価値が等しくなった状態を
  #「無裁定状態」と呼ぶ様です。

 と言うものです。
 そして、この価格の変化を利益につなげる取引を広い意
 味で「裁定取引」と言います。

 そして、先程のニッポン放送の例は、この基本理論に沿
 った極めて合理的な取引だと言えます。

 さて、ここで「アレ?!」と思われる方も多いと思いま
 す。

 同じく金融工学の基本である「効率的市場仮説」と、
 この「無裁定価格理論」は矛盾しているようにも感じら
 れますね・・・。

 そう、金融工学の基本に「効率的市場仮説」と言う物が
 あります。

 この「仮説」は

 「市場はすべての情報を瞬時に織り込む。だから市場で
  決定された価格は常に適正である」

 つまり「裁定取引の機会は存在しない」と言ってるワケ
 です。

 ですが、今までお話したように「裁定取引の機会」は僅
 かではありますが実在します。

 そして、先程のニッポン放送の例では、収益を上げるの
 に3年かかっています。決して「瞬時」ではありません。

 ですから

  「市場は完全に効率的という訳ではない」

 と言えますよね!

 とは言っても「市場はかなり効率的」なのです。
 ですから、これまでお話した通り、テクニカル/ファン
 ダ分析は(おおむね)通用しないのです。

 そしてホトンドの場合

 「下手に売買するよりBuy And Holdの方が良い」
 
 となってしまいます。

 ですが、もし「裁定取引の機会」が見つかって、それを
 上手く活用できれば・・・

 Buy And Holdを上回ることが出来るかもしれません。
 ここは金融工学でも否定出来ない部分です。

 これまでテクニカルやファンダメンタルズでのアクティ
 ブ運用は「概ね意味を成さない」と申し上げて来ました。
 
 ですから「裁定取引の機会活用」は、Buy And Hold」に
 勝つ最後の手段と言えるかもしれません。

 次回はこの「裁定取引」についてもう少し深堀してみた
 いと思います。

          ←前へ次へ→




お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2010.08.21 Sat l 投資技法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/67-27d8931d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)