私は投資判断やリスク管理に「収益還元法」を中心と
 した金融工学の考え方を使っています。
 
 ここではなるべく簡単に、この金融工学のエッセンス
 をご紹介してみます。

 「金融工学」・・・名前は大げさですが、ロジカルな
 判断方法とし知っておいて損はないと思いますヨ!

 初めての方まずバックナンバーをご一読頂く事を
 オススメします。

 バックナンバーはこちら 

「マネーゲームではない本当の投資」
 一緒に考えて見ませんか?!
 
【アクリバ理論その15】虚しいテクニカル

 
 前回は「将来の予測は不可能」であれば

 「株は買ってずっと持っておくのが一番良い
           (= Buy And Hold 戦略)」

 と言う(有名かつ退屈な)結論を説明しました。

 言い換えると、

 「本当の意味での将来の予測」
  が出来ない状態であれば、
  株を売買する事は、
 「かえって損をする(又は儲け損なう)事になる」
 
 と言う事です。

 では「本当の意味での将来の予測」が可能なのか否か
 が今回のテーマです。まずはテクニカルから・・・

 【虚しいテクニカル】

 「株の将来は予測できるか?!」と言うテーマについては
 古今東西、それこそ無数の研究者が挑んでいます。

 そこで出されている結論は
 「予測は不可能とは言えないが、極めて困難な事である」
 と言うとても曖昧な内容です。

 この中でも予測手法によってレベル差が存在する様です。

 様々な文献に記載されている結果をまとめると、おおよそ
 次の様な内容です。そして、これらは「金融工学」での常
 識になっています

 1:過去の株価推移により将来を予測する手法は
   ほぼ無意味。(絶対とは言えないようです)
   
   =>例えば上手く行く可能性は1%も無い
     とのニュアンスです。

 2:過去の経済状況をから将来を予測する手法は
   無意味とは言えないが困難が伴う。

   =>例えば上手く行く可能性は10%
     とのニュアンスです。

 3:明らかな市場の歪が将来修正される事を期待する
   手法は比較的有効。
   但し、歪は簡単にはみつからない。

   =>例えば上手く行く可能性は30%
     とのニュアンスです。

 #上記の「上手く行く可能性」は、著作のニュアンスを
 #私の印象だけで付けた物です。鵜呑みにはしないで下さい。

 上記を一般的な言い方で分類すると

 1:過去の株価推移により将来を予測する手法
   =>テクニカル分析
 2:過去の経済状況をから将来を予測する手法
   =>ファンダメンタル分析
 3:市場の歪が将来修正される事を期待する手法
   =>裁定理論(バリュー分析の一種)

 となると思います。
 
 これが故、プロの資産運用は

 1:株を買って放っておく(パッシブ運用)
 2:ファンダ又は裁定分析での運用をする(アクティブ運用)

 が主流のようです。プロの世界ではテクニカル的な分析は
 ほとんど行われていません。

 それは、前述の通り
 「出来るかもしれないけれど、分析に要する時間を考えると
  『骨折り損のくたびれもうけ』にしかならない可能性大」
 だからです。

 「テクニカル分析の虚しさ」は私も実感しています。

 私は統計学が得意分野、プログラムもそこそこ出来ます。

 そんな訳で、以前はテクニカル的な売買研究もかなりし
 ていました。そして「何億パターン」ものバックテスト
 を繰り返したりもしました。

 ・・・でも「勝てる方法」は見つからずじまい。
 みな一時的には上手く行っても、その後崩壊してしまう
 のです。
 #おそらく、教科書に載っている指標はすべて試したと
 #思います。

 もちろん、私が経験した事が「すべて」ではないと思い
 ます。しかし私の経験と世界の研究者の結論が一致して
 いることから考えて・・・
 
 「テクニカル分析を研究する事は、時間のムダに終わる
  可能性が極めて高い」

 これだけは言えると思います。

 でも、こう書くと、すごい反論が来そうですよね!
 「おれは上手く言っている」・・・と!

 でも、反論される前に下記を検証してみて下さい。


 1:本当にBuy And Holdに勝てていますか?!

   この場合、レバレッジの条件も合わせて考えてくだ
   さいネ。
   
   個別銘柄は日経平均TOPIXと比べると実質的には
   レバレッジが利いている事になりますから要注意
 
   株価が値上がりする時期にレバレッジ効かせれば
   レバの無いBuy And Holdに勝つのは当然です。

 2:テクニカルとファンダ/裁定分析あるいは勘を併用し
   ている場合
   「上手くいった要因は」本当にテクニカルですか?!

   実はテクニカルは関係なかった・・・なんて事も結構
   あると思います。

 3:最低4年程度、上手くいっていますか?!

   1年程度上手く行く手法はそこそこ見つかります。
   そして「運が良ければ」それが3年程度は続くかも
   しれません。

   でもそれは「運が良かった」だけなのかもしれません。

   「運ではない」と言うには、最低4年/できれば10年
   程度上手く行く手法でなければならないと思います。
 
   #グレアムさん(バフェットさんの師匠)は50年上手く
   #行かなければダメと仰っていたようです。


 もう一つ、テクニカル分析が「リスクの低減」に役立つと言う
 意見があると思います。
 リスクを抑えるために「売買手数料」「株を所持しない損失=
 1年間4%」を対価として支払うのは意味があるのでは・・・
 との主張です。

 ただ、これに対しても研究者達からは

 「そもそも耐えられるリスクレベルを考えて、レバレ
  ッジを落として投資すべき」

 との意見が出されるのでしょうネ。

 と言いつつ、私もテクニカル的な判断はたまに使います。
 ただ予測と言うより、「ふんぎりを付ける」為だったりします。

 最後に今回のまとめ

 「テクニカル的な判断は、あてにならない可能性が高い事を
  認識しておくべき。」

  また

 「精度の高い、テクニカル分析を追及する事は
  『骨折り損のくたびれもうけ』にしかならない可能性大」

 です。
 反論もあろうかと存じますが、一度冷静に考えてみてください。

 次回はファンダ/裁定分析の有効性に話を進めたいと考えて
 います。

          ←前へ次へ→



お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2010.08.01 Sun l 投資技法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/60-39712718
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)