【7/13の日経平均】

 終値 22,597円(先週末比+809円)

【シカゴ日経平均先物 13日】(かっこ内は大阪日中比)

 円建て9月限 22,565円 (-35)

【ロイター見通し概略】

 やや強気

 詳しくは
 https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-wklyoutlook-idJPKBN1K30ZQ

【勝手な個人見解!】
 ----------------------------------------------------------
 ※あくまで個人見解です。結果について、責任負えません。
 ----------------------------------------------------------
 2019年7月末に向けての225価値想定19,500円
 ※価値想定は予想ではありません。
  市場マインドがニュートラルの場合の株価とお考え下さい。

 買い建て指数0.0%(暫定版)おおむね現金確保

 ※リバランスポイント参考値(暫定版)
   基準株価   下落時    上昇時
  ○21,500円   0%→0%   10%→0%
   21,100円   0%→10%   20%→10%
   20,700円   10%→20%   10%→20%

 ※上下指数参考値 (暫定)
   週末×1.10 24,857円  0.0%
   週末×1.05 23,727円  0.0%
   週末÷1.05 21,521円  0.0%
   週末÷1.10 20,543円  25.0%

  #リバランスポイント、上下指数については
  # http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-107.html
  #をご参照下さい

〇個人見解の補足

  先週前半とは打って変わった今週。
  なかなかに忙しい展開です。

  中国は貿易戦争をどう仕上げるのでしょうね?!

  おそらく、アメリカ中間選挙が終われば、トランプさんも大人
  しくなるとは思いますが・・・それまでの辛抱でしょうか?!
  #株を持っていないので、辛抱もなにもありませんがw

  さて引き続き、Asset Allocation(資産配分)の話。

  今回はPAA(Policy Asset Allocation)の手法について。

  前回、現在の年金等で主流のPAAですが、これが結構いい加減
  だと軽くお話しました。

  そして、以前この方法にはビルディングブロック法とサプライ
  サイド法が良く使われているとお話ししました。

  この中でビルディングブロック法について少々詳細に触れてお
  きます。

  まず、現在の投資理論では

  ・リターン(利益の予想:利益は「株価上昇+配当」)
  ・リスク(値動きの激しさ:統計用語、予想利益の標準偏差)

  を、何らかの手段で算出(想定)が必要です。

  これを経済学で言う効用関数に当てはめて、各資産の配分を
  決めるのは以前お話しした通り。

  この中でリスクは、年単位程度で見れば、あまり変わりませ
  んので、それなりの数値が想定できます。

  ところが、リターンはそうはいきません。

  #例えば「過去10年の株価の値上がりが今後も続く」なん
  #て仮定は無謀ですよね。

  そんなワケで、現在の投資理論では

  「リスクが大きい資産は、みな投資を避けるハズである。
   したがって、リスク資産は割安に放置されているハズ。」

  と言う前提を置きます。

  これによって、

  ・リスクの大きい株:リターンも大。
  ・リスクが中規の債権:リターンも中。
  ・リスクのない短期債券:リターンも少。

  と言う事が前提になります。

  #モチロン、統計的(?)な手法を使って、具体的な数値に落
  #みます。この統計的・・・も既に怪しいのですけれどね。
  #加えてGDPなんかも考慮したりします。

  以上から短期的には
  「リスクが変わらない限り、リターンも変わらない」
  と言う事になり、
  たとえ株価が上がろうが下ろうがリターン推計は変わらない
  (リスクはあまり変わらない前提)

  ・・・と言う(違和感のある)結論が導かれます。

  そして

  「リスクが大きい資産は、みな投資を避けるハズである。
   したがって、リスク資産は割安に放置されているハズ。」

  と言う前提ですが・・・。

  以前もお話ししましたが、これは根本的に変です。

  日本人にとってリスク資産のドルはアメリカ人にとっての安全
  資産です。反対も言えます。

  ですから、上記前提が正しいとすると、日本人にとってドルは
  割安なハズ、と言う内容と、アメリカ人にとって円は割安なハ
  ズ・・・と言う内容が両立しなければなりません。

  ありえないですね?!何かが違っていますよね。
  
  これについては下記参照
  http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-195.html

  でも、こんな手法が一般的なんです。

  そして、それでも(雑な分析の)TAAよりはマシな実績を上げて
  います。ただリターン推計はうまくは行っていません。

  カッコよく、PAA(Policy Asset Allocation)等と言っていても
  実態はこんな程度。

  いくら緻密な計算を積み上げても・・・ですよね?!。
  #この部分は自分自身にも言い聞かせながら・・・です。
------------------------------------------------------------
 (宜しければ下記も参考にしてください)
  ○アクティブリバランス投資法とは?!
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-86.html
  ○アクティブリバランス投資法、実行マニュアル
   http://ynavi.info/mag/act2.html
  ○主なバックナンバー
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html
  ○アクティブリバランス詳細解説リンク集
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-53.html
------------------------------------------------------------

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2018.07.14 Sat l 週間想定 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/591-535c4658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)