【3/2の日経平均】

 終値 21,182円(先週末比▲711円)

【シカゴ日経平均先物 2日】(かっこ内は大阪日中比)

 円建て3月限 21,125円(-5)

【ロイター見通し概略】

 中立なのか?!

 詳しくは
 https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-wklyoutlook-idJPKCN1GE0PW

【勝手な個人見解!】
 ----------------------------------------------------------
 ※あくまで個人見解です。結果について、責任負えません。
 ----------------------------------------------------------
 2019年3月末に向けての225価値想定19,500円
 ※価値想定は予想ではありません。
  市場マインドがニュートラルの場合の株価とお考え下さい。

 買い建て指数11.5%(暫定版)おおむね現金確保

 ※リバランスポイント参考値(暫定版)
   基準株価   下落時    上昇時
   21,600円   0%→0%   10%→0%
  ○21,300円   0%→10%   20%→10%
   20,800円   10%→20%   30%→20%
   20,300円   20%→30%   20%→30%

 ※上下指数参考値 (暫定)
   週末×1.10 23,300円  0.0%
   週末×1.05 22,241円  0.0%
   週末÷1.05 20,173円  34.4%
   週末÷1.10 19,256円  50.0%

  #リバランスポイント、上下指数については
  # http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-107.html
  #をご参照下さい

〇個人見解の補足

  3月1日の急落には、思わず笑ってしまいました。

  と言うのも、この急落は日経新聞にも、予想記事が掲載されて
  いたほど有名な話だったからです。

  「3月1日、月次のリスクパリティファンドの売りが出る」

  こんな内容でした。

  個人的には

  「こんなミエミエの事やったら、カモにされるだけじゃん。
   いくらなんでも、こんな安易な事はやらないだろう」

  と考えておりましたが、・・・まさかの実現!w。

  きっとこれを狙って、「プット買い、先回りの先物売り」等で
  稼いだ短期トレーダーもいたことでしょう。

  これを実行するには、アメリカ市場が開く直前から売買板のウ
  ォッチを始めて、ちょこちょこ指値を変更して、なんてややら
  なくてはならず。・・・結構大変です。(夜中ですしネ)

  「次は狙うか」と考える方もいらっしゃると思いますが、おそ
  らくファンド側も対策してきますし、同じ事を狙う人が増える
  と簡単には稼げなくなります。

  やるなら「儲ける」は忘れて「ゲームを楽しむ」程度で挑む方
  が良いかと思います。(私は寝ます:笑)

  さて、このリスクパリティ・・・

  ポートフォリオ全体に占める各資産のリスクの割合が均等にな
  るように保有する事で、リスク自体を分散化(低減)しようと
  する運用リスク管理手法

  https://www.ifinance.ne.jp/glossary/investment/inv268.html

  なんて説明されます。

  ちなみに。ここで言うリスクとは価格変動の大きさの意味。
  ボラティリティと同じです。
  #興味ある方はwikiにボラティリティと入れてください。

  つまり、「値下がりしたら、一定の資産額を守るために売る」
  とは違います。(これはポートフォリオインシュアランス)

  リスクパリティは、あくまで「ボラティリティが高まったら、
  リスクを一定に保つ為にリスク資産を減らす」と言う発想。

  一般に株価下落局面でボラティリティは高くなり、反対に上昇
  局面ではボラティリティは低くなる傾向があります。

  この為、「値下がりしたから売る」も「リスクが増えたから売
  る」も、実質は「順張り」で同じです。

  ただ違うところは株価(リスク資産の価格)そのものより価格
  変動(リスク)の管理に重点を置いているという所。

  これが上手くゆけば、リーマンショック等の急落時にも被害を
  低減できると言うワケです。
  
  またポートフォリオインシュアランスとは違って、

  ボラティリティが低い時期(株価上昇局面の可能性が高い)に
  リスク資産を増やすことになり、ここから「上昇相場を上手く
  とらえられるかも」との期待があります。

  このリスク重視は比較的最近の話題の議論(学会レベルです)

  背景には「株のリターンの推定は極めて困難(無理?!)」と
  の発想があります。

  この「リターンの推定の難しさ」は私も実感しており、半分諦
  めて、それでも多少挑んでいるのがActReb。
  #ボラティリティ管理の発想もActRebは取り入れています。

  以上、私はリスクパリティの否定はしません。
  #皆がやりだしたら、意味なくなるのは同じですけどねw

  ですが、あんなに安直にポジション変更して、トレーダーにカ
  モにされるファンドを買った投資家は悲劇ですねぇ。
  もう少し工夫の余地もありそうですが・・・。

  #おそらく、個人向けか、年金基金(プロっぽいけど実質シロ
  #ウトらしく)向けなのでしょうネ。

  今回は長くなりましたので、AI話題は次回以降。
------------------------------------------------------------
 (宜しければ下記も参考にしてください)
  ○アクティブリバランス投資法とは?!
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-86.html
  ○アクティブリバランス投資法、実行マニュアル
   http://ynavi.info/mag/act2.html
  ○主なバックナンバー
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html
  ○アクティブリバランス詳細解説リンク集
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-53.html
------------------------------------------------------------

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2018.03.03 Sat l 週間想定 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/572-9c5f5dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)