私は投資判断やリスク管理に「収益還元法」を中心と
 した金融工学の考え方を使っています。
 
 ここではなるべく簡単に、この金融工学のエッセンス
 をご紹介してみます。

 「金融工学」・・・名前は大げさですが、ロジカルな
 判断方法とし知っておいて損はないと思いますヨ!

 初めての方まずバックナンバーをご一読頂く事を
 オススメします。

 バックナンバーはこちら 
 
【アクリバ理論その13】バクチと投資の境界線

 前回は

 「需給/心理的要因の影響がナイとの前提に立てば
  日経平均を所持する事で年間4%程度の利益が得られ
  る事になる」
 
 但し、

 ・いつ買っても4%の利益になるわけではない。
 ・4%の利益が魅力無くなったら株(日経平均)を
  持つ意味は無い。

 とのお話をしました。

 とは言っても
 「株という物は基本的に値上がりするもの」
 ですし、
 「平均的に言うと、株を持つことは年間3~5%程度の
  リターンを得る事になる」(今なら・・・です)

 と言う事ではあります。この事は覚えておいてください。

 私はこれがあるが故にバクチと投資が分かれると思うとり
 ます。今回はこのお話です。

 【様々な投資対象(?)のリターン】

 宝くじ、競馬、カジノ、FX、商品、株、そして債券
 これらを投資対象として考え、「投資に値するか?!」を
 検討してみます。

 こういう場合、「将来の予測は不可能」を前提にして、そ
 れぞれの対象を平等に扱うのが一般的です。

 そこで「将来の予測は不可能」とした場合、それぞれの対
 象が平均的にどの程度のリターンを生むかを並べると、こ
 うなります。かなり大雑把なのはお許し下さい。

   不動産  + 5%/年
   株    + 4%/年
   国債   + 1%/年
   商品   ± 0%/年
   FX   ± 0%/年
    #高金利通貨は値下がりする
    #そして金利差を業者に手数料で抜かれる
   カジノ  - 5%/回
   パチンコ -20%/回
   競馬   -30%/回
   宝くじ  -60%/回

 いかがでしょうか?!いわゆるバクチといわれている物は
 投資対象としては魅力が無いことが分かります。
 #あくまで予測が不可能との前提です。念のため!

 やはり投資先として考えるなら
  「平均リターンがプラス。さらに債券のリターンは上回
   りたい」
 となりますよネ!

 反対に言うとバクチは売る側に回ればかなり儲かります。
 ですから、日本では民間人がバクチを売る側に回る事を
 禁止して、「国や自治体の特権」にしています。

 完全に違法ではありますが・・・競馬のノミ行為をやった
 と仮定して計算すると・・・笑える程に儲かる事が分かり
 ます。

 つまり、こんな結論が得られます。

 「投資対象として、基本的に投資に値するのはやはり株、
  不動産、債券」

 なんだかんだ言っても結局こうなんです。

 余談ですが、
 「何かのビジネスに投資して利益を得る」
 は、実質「株式投資」と同じ意味だと思います。
 ただ転売がしにくい訳ですが・・・

 反対に平均収益がプラスの物を「売る」は根本的にハンディ
 を背負ってしまう事は理解しておいた方が良いです。
 
 「平均収益がプラスの物を売る」は「平均収益がマイナスの
 物を買う」と同じことです。

 つまり日経平均を売り続けると平均的には年間▲4%のリタ
 ーンになると言う事です。

 さて、これらの投資先を組み合わせる方法もあります。

 よくあるのが「債券を売り、株や不動産を買う」です。

 個人の場合「債券を売る」と言うのは「借金をする」と言う
 事ですね。
 これはきちんとリスク&平均リターンを考えて実行する分に
 は問題ありません。

 簡単な例で言えば
  政府が国債を売って   (金利支払い▲1%)
  そのお金を株購入にあてる(期待リターン+4%)
 なんて事は十分理にかなった行動です。実際にはムリと思い
 ますが・・・

 実は最近の金融商品は自動的に借金させられている場合もあ
 ります。

 例えば信用取引、FX、CFD・・・
 なぜ高いレバレッジで取引できるかと言えば、証拠金以外の
 部分は「実質的に借金させられている」からです。
 #金利は業者によって異なります。

 これらを行うときには「金利がどの程度抜かれているか」を
 把握しておいた方が良いと思います。
 #証券会社の決算報告をみると分かりますが、この金利収入
 #が、彼らの重要な収益源だったりします。

 続いて日経平均先物・・・これも同様。
 普通現物より先物が若干高いですよね?!
 これのSQまでの値下がり分が金利に相当します。
 (今ですと年0.6%程度でしょうか?!)
 これは証券会社ではなくて「売り方」に支払う金利です。

 で、これを生かすして運用する方法ですが・・・

 日経平均の期待リターン4%です。そして先物の実質金利は
 0.6%です。つまりレバレッジ10倍なんてやれば

 (4%-0.6%)×10 = 34%/年(税別)

 なんてリターンを期待はできる計算です。
 とは言ってもこのポジション、日経平均が▲10%した時点
 でアウトですから、オススメはしません。(笑)

 長々書いてしまいましたが・・・

 今回の結論は
 「投資対象として考えるベキは、期待リターンがプラス
  のものである」
 です。当たり前なのですが、一番無視されそうな原則です。

 次回は「株の投資期間による有利/不利」を書こうと思います。

          ←前へ次へ→



お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2010.07.19 Mon l 投資技法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/56-abd3f122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)