さて、前回に引き続きルーレット必勝法(マーチンゲール法)
  の間違い探しに突入致します。

  まずはルールの確認

  例えば、ルーレットで赤だけに賭け続けるとします。
  当初賭金は100円とします。

  例えばルーレットの赤に賭け続けるとして・・・

  1:まず、最初は100円賭ける。
  2:賭けが当たったら、次も100円賭ける。
  3:賭けが外れたら、次は前回の2倍の金額を賭ける。
  4:3を続け、当たったら賭け金を100円に戻す。

  すると、いくら賭けても、一度当たれば損は取り戻せて、必ず
  100円の利益が出せると言う訳です。

  もちろん、これはウソです。

  数学的には「永遠に賭け続ける事ができる」と言う前提であっ
  ても、本当のカジノでこれをやったら確実に破産する事を証明
  できます。

  ですか、若干分かりにくいので、今回は現実的な以下の2つを
  条件に加えます。

   1:賭ける事のできる金額には限度がある
   2:カジノ側が賭けを受けてくれる金額にも限度がある

  当たり前ですね。

  そもそも永遠に賭け続ける事ができる人(つまり、無限に資金
  がある人)がお金を増やしたいとも思うのか疑問でもあり。

  まず、最初100円から初めて、仮に10回連続で外れた場合、
  つぎに賭ける必要金額はいくらでしょうか?!

  答えは102,400円です。

  ちなみに20回連続で外すと次は104,857,600円賭けなければ
  なりません。

  驚きませんか?!

  それでも利益が出るのは100円です。実行は無理ですよね?!

  ですから、マーチンゲール法を実際に行うには、何回か負けた
  ら、一度はあきらめてやり直す等のルール変更が現実的です。

  となると、確実に儲かる・・・なんて前提が揺らいできます。

  長くなりそうなので次回に譲ります。

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2017.08.18 Fri l 投資技法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/537-6e7b46a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)