【5/12の日経平均】

 終値 19,884円(先週末比+438円)

【シカゴ日経平均先物 12日】(かっこ内は大阪終値比)

 円建て6月限 19,815円(-65)

【ロイター見通し概略】

 中立

 詳しくは
 http://jp.reuters.com/article/stock-nextweek-idJPKBN1880RG

【勝手な個人見解!】
 ----------------------------------------------------------
 ※あくまで個人見解です。結果について、責任負えません。
 ----------------------------------------------------------
 2018年5月末に向けての225価値想定17,400円
 ※価値想定は予想ではありません。
  市場マインドがニュートラルの場合の株価とお考え下さい。

 買い建て指数0.0%(暫定版)おおむね現金確保

 ※リバランスポイント参考値(暫定版)
   基準株価   下落時    上昇時
  ○19,300円   0%→0%   10%→0%
   18,900円   0%→10%   20%→10%
   18,500円   10%→20%   10%→20%

 ※上下指数参考値 (暫定)
   週末×1.10 21,872円  0.0%
   週末×1.05 20,878円  0.0%
   週末÷1.05 18,937円  10.5%
   週末÷1.10 18,076円  32.4%

  #リバランスポイント、上下指数については
  # http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-107.html
  #をご参照下さい

〇個人見解の補足

  フランスの選挙結果を経てなかなかに元気な相場でしたが、後
  半はやや失速。
  
  やはりトヨタの決算が水を差した事になるのでしょうか?!

  ただ、近々始まる決算発表は過去最高水準の利益が連発すると
  思われますので、それに対する期待も大きいと思います。

  しかしながら、あくまでこれは昨年度の決算。
  来年以降も続くとは限りません。

  そして、株価はすでにこの決算を織り込んでいると思います。

  もちろん株価の未来なんで、予想できるものではありません。
  ただ、安全重視の私は、今の株価水準では投資対象にしたくな
  いと言うだけ。

  しばらく、株の事は忘れる事になりそうです。

  さて前回に引き続き株に頼らないインフレ対策です。

  外貨でインフレ対策する手段に対して、米ドル他は膨大な国際
  収支赤字通貨である事。

  そして、これは言うならば海外から借金をしながら自国の消費
  を賄っている事になる・・・とお話ししました。

  ただ、これは一般的には問題ないと言われている様です。

  特に米ドルは、EU以外での国境を越えた取引での決済通貨と
  して圧倒的なシェアで使われています。
  
  ですから、世界のあちこちで米ドルは必要とされています。

  この為に、アメリカは世界の中央銀行(日本の日銀相当)とな
  っており、いくら米ドルを印刷しても、それを欲しい人は沢山
  いる、だから国際収支赤字でも問題ない。

  ・・・なんて言われている様です。

  企業に例えると、増資を繰り返して株をどんどん発行して、資
  金調達している状態ですね。

  この理論だと、アメリカの膨大な国際収支赤字は「借金ではな
  くて、返す必要のない資本である」とも言えます。

  確かに、この表現も間違いではないと思えます。
  おそらく今後数年レベルでこれが覆る事もないでしょう。

  ですが、10年先、20年先を考えるとどうでしょうか?!

  米ドルは世界の決済通貨であり続けるのでしょうか?!

  私はここに一抹の不安(違和感)を持っています。

  もし、米ドルが世界の決済通貨でなくなると、通貨としての信
  用度が落ちてしまうのではないかと言う事です。
  #ここまで行かなくても使われる頻度が下るだけでも、影響は
  #ありえます。

  強い根拠はありません。
  ただ、個人的に米ドルは若干不安を感じる通貨だと言う事です。

  そして、ポンドも同様だとすると、SDR対象で残るは人民元

  これも別の意味で抵抗ありますよねw。

  SDR対象外の豪ドル、加ドル、NZドルなんてメジャー通貨も
  国際収支赤字通貨。微妙な気分ですね。
  
  そんな中、多少マシな手段を思いつきましたので、次回以降ご
  紹介いたします。
------------------------------------------------------------
 (宜しければ下記も参考にしてください)
  ○アクティブリバランス投資法とは?!
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-86.html
  ○アクティブリバランス投資法、実行マニュアル
   http://ynavi.info/mag/act2.html
  ○主なバックナンバー
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html
  ○アクティブリバランス詳細解説リンク集
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-53.html
------------------------------------------------------------

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2017.05.13 Sat l 週間想定 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/520-3a165770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)