勘に頼らない側の投資判断に「収益還元法」と言う
 考え方を使っています。
 
 ここではなるべく簡単に、この収益還元法を説明し
 てみますネ
 金融工学と言うと大げさですが、ロジカルな判断方
 法とし知っておいて損はないと思いますヨ!

 初めての方まずバックナンバーをご一読頂く事を
 オススメします。

 バックナンバーはこちら 

【アクリバ理論その7】金利と回収リスクの関係

 さて前回は、
 「回収リスクとPERの関係」についてお話しました。

 この中でPERという指標は
  ①株主資本という部分を無視している指標である事
  ②①があるが故、個人的には投資判断には使っていない事
 をご説明しました。

 今回は「回収リスクとPERのもう一つの違い」つまり
 「金利を考慮すべきか否か」がテーマです。
 ※かなりツマラナイ内容と思いますがご容赦下さい。

 
 ○さて、もう一度「回収リスク」の定義を思い出して下さい。

         1株利益(予想)
 回収リスク =-------------------  - 長期金利
         株価 - 1株資本

 です。そしてPERはこの式の1株資本と長期金利をゼロ
 にしたものと同じ(実際には逆数)です。
 つまりPERは「長期金利」を無視しています。

 これが「良いことなのか、悪い事なのか」を考えてみます。

 結論から言うと
 「長期金利が大きく動かない程度の短期的な判断に使う時」
  又は
 「同じ金利がベースにある同じ国内の株を比較する場合」
 であれば「長期金利は無視しても良い」と思います。

 但し、
 「金利が大幅に変わる過去との比較の場合」
 又は
 「海外株と比較する場合」
 には「長期金利は無視できない」と考えています。

 この理由を説明しますネ。

 【未来の収益と長期金利の意味】

 これまでお話してきた「収益還元」には、
 「未来の企業収益が株価に反映されている」と言う思想が
 あります。

 そして「未来の企業収益」を「今の価値に換算する」には
 金利を考慮しなくてはいけない。
 
 ともお話しました。

 この金利の妥当な水準は、人やによって違います。
 
 しかし、「市場での取引」を考えた場合、自分の金利が年
 ン%だから・・・と言っても、相手がそれを認めてくれな
 くては話になりません。

 ですから、「市場で取引される標準金利」が存在します。

 この金利ですが、一般的には国債利回りが意識されるよう
 です。

 国債であれば「回収リスクはゼロ」と言えますし、
 #ヨーロッパではこれが壊れだしていますが(笑)

 未来の収益・・・は数年~数十年先の話ですから、やはり
 短期ではなくて数年レベルの長期金利を意識するのは妥当
 と言えそうです。

 つまり「回収リスクがゼロの場合」つまり、投資したお金が
 確実に返って来る場合には「国債利回り」程度のリターン
 が「日本での標準」と考えて概ね間違いなさそうですネ。
 
 おそらく、一般的な先進国ではこれはあてはまります。
 つまり 
 「未来のお金と今のお金を繋ぐ金利の標準は国債利回り」
 になると思われます。但しギリシャなんかは別でしょうネ

 でもこの「国債利回り」多少問題があって、
 ①毎年、償還までの期間が短くなる。
  10年債も9年経てば、長期債とは言えなくなります。
 ②毎年発行される10年債も,その時の需給で多少利回り
  がバラツク
 なんて問題があります。

 これを防ぐために、私は近い指標として
 「日経公社債インデックス(長期)」
 を基準にしています。

 この場合、1%前後の「回収リスク」が含まれる様ですが
 その分、過去との連続性が保たれていると思っています。

 【国際的な比較をする】

 さて、この「国債利回り」国によって大きく違います。
 例えばこんな感じです。(全て、残10年での比較)

  アメリカ    3.24%
  日本      1.23%
  オーストラリア 5.38%

 国によって、インフレの進み具合や財政、経済成長率等
 色々違いますからこれは当然です。
 中国やブラジルなんてもっと高そうですよね!

 ここで、例えば次のような株を想定します。
 ・株主資本はゼロ
 ・毎年の収益は100円
 ・回収リスクは10%

 そして、この株価をそれぞれの国で考えます。

  アメリカの場合
    755円 = 100円 ÷(0.1+0.0324)
  日本の場合
    890円 = 100円 ÷(0.1+0.0123)
  オーストラリアの場合
    650円 = 100円 ÷(0.1+0.0538)

 となります。
 #本当は各国通貨で考えるベキですが許して!

 で、これをPERに換算します。株価を100で
 割れば良いのですから・・・

 アメリカの株 7.55倍、日本の株 8.9倍、そしてオー
 ストラリアの株 6.5倍になりますネ。

 さて、よくこんな記事を目にしませんか?!

 「日本株のPERは8.9倍、これに対してアメリカ株は
  PER7.55倍である。つまり日本株は割高な水準ま
  で買われている。反面オーストラリアは6.5倍、割安
  に放置されていると考えられる」

 ここまでの私の説明を理解いただければ、おそらく
 「何バカなこと言っているの?!」と感じると思います。

 当然ですが、この場合「回収リスク」は全部10%で同じ
 です。同じ条件の株価が「国債利回りを無視」する事で、割
 高に見えたり割安に見えたりするのです。

 ここでも「PERは雑な指標」だと言うことが分かると思
 います。国を跨いで使うときは要注意です。

 【時期的な比較をする】

 日本の場合、長期金利は2000年以降1%~2%を行っ
 たり来たりしています。

 ですからこれによる株価の影響はホトンド無いと考えて良
 いと思います。
 
 ですが長期的な比較をすると、かなり様相が変わってきま
 す。例えば1990年頃は長期債利回りは7%以上でした。
 ここまで来ると誤差と呼ぶには少々つらくなりますネ

 ですから、先程の「国際的な比較」同様、この場合にも長
 期金利を考慮しておいた方が良さそうです。

 【まとめ】

 先週と同じ結論ですが、あえてもう一度書いておきます。

 株の割安/割高を図る指標として。PERと回収リスク
 を比較すると

 「PERは少々雑だけど皆が知っているから
  会話に使える。そして計算も楽」

 「回収リスクは精度としては高い。しかし誰も
 知らないし、計算がやや面倒」


 との違いがあります。

 結局、兄弟の様な判断指標なのです。どちらを使うかは
 「お好み」です。

 ですが、PERには雑な部分が多々あります。安直には使
 わない事をオススメします。

 さて、「回収リスク」にばかり話が集中してしまいました。

 次回は「理論株価」の考え方に話を戻そうと思います。
 そして最後に「短期投資への応用」かな?!
 気が変わったらすいません。

          ←前へ次へ→



お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2010.06.06 Sun l 投資技法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/43-d1150a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)