勘に頼らない側の投資判断に「収益還元法」と言う
 考え方を使っています。
 
 ここではなるべく簡単に、この収益還元法を説明し
 てみますネ
 金融工学と言うと大げさですが、ロジカルな判断方
 法とし知っておいて損はないと思いますヨ!

 初めての方まずバックナンバーをご一読頂く事を
 オススメします。

 バックナンバーはこちら 

【アクリバ理論その6】回収リスクとPERの関係

 さて前回は、
 「回収リスクを使って株の割安/割高を判断し投資に
  生かす実例」
 をお話しました。

 ところで株の割高/割安を判断する世間一般の指標に
 PERがあります。これと、私のお話している
 「回収リスク」との関係が今回のテーマ。

 個人的にはPERは雑すぎる指標だと思っています。
 そして、その理由もお話します。

 まず、回収リスクの定義を思い出してください。


         1株利益(予想)
 回収リスク =-------------------  - 長期金利
         株価 - 1株資本

 です。
 ここで、長期金利と1株資本をゼロにします。すると

           1株利益(予想)         1
 回収リスク =-------------------  = ------
             株価            PER

 となります。

 つまり
 「株主資本と長期金利を無視した、回収リスクの逆数」
 (分子と分母を入れ替えたもの)がPERなのです。
 
 狙っている事は同じ、
 「どうにかして株の割高/割安を判断したい」
 です。

 そしてPERも収益還元法をベースに考えられた指
 標なんですネ。

 但し、次の2点で違いがあります。

  1:PERは株主資本を無視している。
  2:PERは長期金利を無視している。

 これが「良いことなのか悪いことなのか」が問題で
 す。
 
 確実に「PERは計算が簡単だし、一般的」とは言
 えますが・・・。

 まず「PERは株主資本を無視している」点

 これは議論の余地がありますが・・・私はこう考え
 ています。

 「株を買うと言う事は企業(の一部)を買うこと
  その価値を考える為には企業の資産も考慮すべき」

  つまり
  
  株価 = 今の資産 + 未来の利益の今の価値

  と考える訳です。

  ですがPER主体の方は

 「企業の価値は結局収益金額で決まる。収益を上げ
  られない資産は価値がないと判断すべき」

  株価 = 未来の利益の今の価値

 と考えるようです。どちらかと言えば「日本風」が
 前者、「欧米風」が後者のイメージでしょうか?!

 日本でも投資用不動産なんかは、ほぼ
 「毎月取れる家賃の120倍」
 なんかで値段が決められているようです。


 私の個人的なイメージはこんな感じです。

 例えば、同じ年間一株年間利益100円の企業があった
 とします。

  A社は一株資産1,000円
  B社は一株資産2,000円

 だったとします。

 PERの考え方だと「この2社の株価は同じ」です。

 仮に市場の標準PERが20倍だとすれば、
 A社もB社も株価2000円が妥当・・・となります。

 私はこれに違和感を覚えます。

 もし、A社の株価2,000円が妥当だとすれば、やはり
 B社の株価はやっぱり3,000円が妥当と思いたくなり
 ます。

 そして実際はどうなのか?!

 少なくても日本の株については後者

 株価 = 今の資産 + 未来の利益の今の価値

 つまり

 A社の株価2,000円だとすれば、B社の株価は3,000円
 となっているようです。
 
 また、多くの場合には1株株主資本が株価の下限
 メドとなっています。この事からも

 株価 = 今の資産 + 未来の利益の今の価値

 と考える方が妥当だと言う事になりそうです。

 つまり株の割安/割高を図る指標として

 「PERは少々雑だけど皆が知っているから
  会話に使える。そして計算も楽」

 となるでしょうし。

 「回収リスクは精度としては高い。しかし誰も
 知らないし、計算がやや面倒」

 なんて感じですネ!

 結局、兄弟の様な判断指標なのです。どちらを
 使うかは「お好み」かもしれません。

 ですが個人的には・・・
 投資判断にPERは怖くて使えません。(笑)

 さて、今回は金利を無視していましたネ

 次回(来週?!)にその辺をお話します。

          ←前へ次へ→



お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2010.05.29 Sat l 投資技法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/41-cc09eb27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)