勘に頼らない側の投資判断に「収益還元法」と言う
 考え方を使っています。
 
 ここではなるべく簡単に、この収益還元法を説明し
 てみますネ
 金融工学と言うと大げさですが、ロジカルな判断方
 法とし知っておいて損はないと思いますヨ!

 初めての方まずバックナンバーをご一読頂く事を
 オススメします。

 バックナンバーはこちら 

【アクリバ理論その5】回収リスクの応用と変動

 #本当は短期への応用を書こうと思いましたが、順番
 #を変更します。

 さて前回は、
 「株価から計算する回収リスクによって将来の株価が
  かなり予想できる(可能性がある)」
 という事をお話しました。

 これが本当なら、中期的な収益を上げることは簡単で
 す。

 簡単な試算ですが例えば2003年から2006年の相場で、
 
 ○回収リスクで株価が安いと判断できる場合
  安値+20%で仕掛けの買いを入れる。
 ○回収リスクで株価が高いと判断できる場合
  高値-20%で手仕舞い売する。

 とすれば買い9,124円、売り14,050円が可能。

 またその後2009年までは、
 
 ○回収リスクで株価が高いと判断できる場合
  高値-30%で仕掛けの売りを入れる
 ○回収リスクで株価が安いと判断できる場合
  安値+30%で手仕舞い買いする。
 ※詳しくはお話しませんが、下げ相場の方が値動きが
  荒いため、トレーリングストップの幅を広げていま
  す。

 とすれば売り12,806円、買戻9,092円が可能。

 合計8,646円の利益です。
 日経平均のレバレッジなし、しかもホッタラカシで
 これなら悪くないと思いませんか?!

 ですが、相場はそれほど甘くありません。(苦笑)

 この「回収リスク」標準的な基準が動いてしまう事が
 あるのです。要因は様々ですが、主なものを挙げると

 ・金融機関の規制の変更

  92年のBIS規制開始で水準が数%程度上がり
  ました。今後予想される規制強化はこれの押し上
  げ要因になります。(株価へはマイナス)

 ・会計基準の変更

  何を利益とするかの定義、何を株主資本とするか
  の定義等が変わった場合。
  #金融資産の時価会計導入等

 ・政策の影響

  法人税の制度変更。法人への規制変更。
  #企業への規制が厳しくなると回収リスクの基準
  #は上がりますし、反対に緩くなると下がります。
  
  また、配当や株式売却益に対する課税率の変更。

 ・中期的な人気の変動

  特に国レベルで注目が集まるときとそうでない時
  はかなり違います。今の中国やブラジルはかなり
  回収リスクが下がっています。
  ※つまり株は割高にみえる・・・と言う意味です。

 と言う感じです。
 事前に予想できる物もありますが、そうでない場合
 もあり・・・
 結局はいつ変動しても良いように備えておく必要が
 あるという事になります。
 ※この備える方法も後でお話しますネ!

 但し、最近8年~10年の日本は比較的安定してい
 ます。シンプルに「回収リスク10%基準」で、う
まく対応できています。

 そんな訳で、この「回収リスクで株の割高、割安を
 判断する」方法

 「絶対ではないけれど、そこそこ当てにはなるし役
 に立つ」と思っています。

 個人的にはよく使われるPER等よりは全然使える
 と思っています。

 次回(来週?!)にその辺をお話します。

          ←前へ次へ→



お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2010.05.15 Sat l 投資技法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/37-d5a335a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)