勘に頼らない側の投資判断に「収益還元法」と言う
 考え方を使っています。
 
 ここではなるべく簡単に、この収益還元法を説明し
 てみますネ
 金融工学と言うと大げさですが、ロジカルな判断方
 法とし知っておいて損はないと思いますヨ!

 初めての方まずバックナンバーをご一読頂く事を
 オススメします。

 バックナンバーはこちら 

【アクリバ理論その3】

 金利と回収リスクの関係

 さて前回は、
 「毎年もらえる一定額のお金を今の価値に換算する方法」
 を説明しました。

 これを数式で表現すると

 「今の価値 = 毎年もらえる金額÷金利」

 となります。
 
 例えば

 一株あたり、年間100円の利益を上げる企業の株価
 を考えて、以下を条件にします。

  1:年間100円の利益が永久に続くと見なせる。
  2:株主資本はゼロと見なせる。
  3:金利を10%/年と見なす。
  =>「ありえない」とはか言わないで下さいね!

  この場合、これまで説明した理論で行くと
  
  理論株価 = 100円 ÷ 0.1(10%)=1000円

  なんて話になります。

  でも、

   ・利益が永久に続くなんてアリエナイ!
   ・株主資本がゼロの会社なんてアリエナイ!
   ・金利をどう設定するの?!

  なんて疑問がわきますよね?!

  この疑問を1ひとつず潰してゆきましょう!
  まず金利からスタートです。

 【金利の考え方】

  「今のお金と未来のお金(アクリバ理論その1)」
  で

  「金利は人によって違う」と書きました。
  #1%と考える人と、18%と考える人がいる実例を上
  #げましたネ。

  で、理論株価を算出する金利はどう設定するべきか?!
  ですが・・・結論から言うと

  「個々の銘柄によって違う」・・・です。(苦笑)

  こう言ってしまうと身も蓋も無いのですが・・・
  私は日経平均や大企業の株の場合、現時点では10%程
  度が妥当だと思っています。

  では、なぜ「個々の銘柄によって違う」のでしょうか?!
  
  これは、企業によって「毎年の利益」を稼いでくれる
  信頼度がまったく違うからです。

  先ほどの例では「一株あたり永久に毎年100円の利益」を
  前提にしました。

  しかし、これがどの程度「本当に」実現するか・・・で
  答えが変わってしまうのです。

  これは自分がお金を貸す側になったとして考えると、分
  かりやすいので、実例を見てください。

  例えば、100人の人に1万円ずつ貸すとしましょう。
  そして1年後に5%程度の利益を出すとします。
  つまり1年後に105万円を回収しなければなりません。

  ここでもし「お金を貸した全員がきちんと返してくれる」
  ならば、何も考える必要はありません。
  金利5%で貸せば良いだけです。

  ですが、現実にはお金を返してくれない人もいます。
 
  例えば100人中10人が返してくれないとするならば、残り
  90人から105万円を回収しなければならなくなりますネ!
でないと5%の利益は実現できません。

  返してくれる90人から必要額を回収すると考えると、

  一人当たりの回収必要額 = 105÷90 = 1.167万円

  となります。つまり金利は17%程度に設定しなければ
  ならない事になります。

  ※余談ですが、いわゆる消費者ローンはこの90%が返
   してくれる(逆に言えば10%に踏み倒される)を前提
   にしているようです。

  この踏み倒されるリスクを私は「回収リスク」と呼んで
  います。上記の例では
   
  回収リスク= 100(貸す人)÷90(返してくれる人)-1
       =約11%  

  という事になります。
  #金融工学的なリスク(価格変動リスク)とは別物です
  #ので混同されないようお願いします。

  この「回収リスク」を追いかけてゆくと結構面白い事に
  気づきます。

  ○例えば、1989年頃のバブル時代
   この「回収リスク」はマイナスの値を示していました。
   この意味は「貯金より株の方が安全」という事になって
   しまいます。

   一時的にはともかく、これが年単位で続くのは異常で
   すよね?!
   そして株はその後、下げるべくして下げました。

  ○例えば、リーマンショックの後
   この「回収リスク」は無限大になりました。
   これは「企業は今後、利益を出すことはない」と言う
   意味になります。

   これもまた「ありえない」話です。

   これに気づけば、「今の株価は安すぎる」と分かります。
   あくまで「皆が不安になって換金売りをしているだけ」
   だったのです。

   そしてその後、株は上がるべくして上がりました。
 
  
  さて、この「回収リスク」。上記の様な極端な例だけでな
  く、平時の投資判断にも役立ちます。

  次回(来週?!)にその辺をお話します。

          ←前へ次へ→



お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2010.05.05 Wed l 投資技法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/33-f362a9e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)