【はじめに】

#初めての方は「投資をマジメに考える」シリーズの
 #ご一読をオススメします。
 # http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html

 さて、「手を出したら、カモにされる金融商品」を続けます。

 金融業界は、あの手この手で貴方の資産を狙っています。
 注意しておきましょう!

 前回、次回は「今、流行の○○」について書くと言っていたので
 すが、気が変わりました。(笑)

 今回はETFつながりでもあり、日経平均等の株価指数その物を
 カモにする「通称コバンザメ」について、ご紹介しておこうと思
 います。

【コバンザメとは】

 かなり有名ですので、ご存知の方も多いと思います。

 ですが、知らない方は多少ショックかもしれません。

 なんと、日経平均等の株価指数その物を食い物にして、利益を上
 げている輩がいます。これを通称「コバンザメ」と呼びます。

 この影響は年率1%とも言われています。

 ファンドにしろ、先物にしろ、CFDにしろ「日経平均」に関わ
 る何かを取引している場合には必ず影響を受けます。

 また、影響度合は異なりますが、他の債券、REAT指数も影響
 ある可能性もあります。

 まずは、こんな手口(?)がある事を知って置いてください。

【コバンザメの手口】

 それでは手口をご紹介しましょう。日経平均を例にとります。

 日経平均は定期的に銘柄を入れ替えます。
 これは指数の品質(?)を守る為には必須です。

 そして、この銘柄入れ替えを事前に発表します。

 すると、

  1:何の銘柄が何月何日、日経平均に採用されるか?!
  2:何の銘柄が何月何日、日経平均らか採用を外されるか?!

 が、事前に分かります。

 ここで、この動きを先回りしておき、銘柄入替えが分かった時点
 で、

   「新規採用銘柄を購入、採用除外銘柄を空売り」

 とします。

 なぜなら、その銘柄入れ替えの日、日経平均連動ファンドは嫌で
 も

  1:いくら割高でも新規採用銘柄を買わなくてはならない

  ですし

  2:いくら割安となっても採用除外銘柄は売らなくてはならない

 からです。こうしないと日経平均との連動が保てません。

 ですから事前に

  「新規採用銘柄を購入、採用除外銘柄を空売り」
 
 としておき、

  「新規採用銘柄の価格を吊り上げ」
  「採用除外銘柄の価格を売り叩いて」

 おくのです。

 こうしておいて、銘柄入れ替えの当日、

  「新規採用銘柄を売却」
  「採用除外銘柄を買戻し」

 すれば、

  「あとは日経平均ファンンドが引き取ってくれる」

 と言う訳です。

 ですから日経平均ファンドが「コバンザメ」にカモにされている
 構図になります。

 実はこの「コバンザメ」にカモにされるのはETFなどのファン
 ドだけではありません。

 こう考えてください、。

 新規採用銘柄は日経平均に採用される前にすでに、割高になって
 います。

 そして日経平均に採用されると暫くして、正常レベルに値下がり
 します。この時、日経平均はその分、値下がりします。

 採用除外銘柄も同様・・・と言うか反対の作用があります。

 ですから、ファンドのみならず日経平均そのものがモロに影響を
 受けてしまっています。
 #2004年4月の入替えでは10%もの影響があったことが有名です。

 したがいまして「コバンザメ」が得る利益は、先物やCFDで
 「指数を買っている人全員」が負担していると言う事です。
 
 そして、先ほどもお話しましたが、他の指数も程度の差こそあれ
 、同じような影響を受けてしまいます。

 反対に言うと、指数を買わなければこの影響を受けません。

 例えば日経平均採用銘柄のうち、「入替に関係ない銘柄だけで」
 ファンドを組めば、日経平均を上回る運用ができそうです!

 ですから、私は個別銘柄での分散投資をオススメしています。
 
 そうは言っても、資金が少ない方はETFやファンドにも頼らざ
 るを得ないと思います。また、最近はファンド側も対策を講じて
 いるとも聞きます。

 加えて、最近は反対にこの「コバンザメをカモにする輩」(笑)
 がいて、以前に比べると影響は減っている様です。
 #ホント、金融業界は何でもアリの世界です。(苦笑)

 ですから、私は(株が割安な時期は)コバンザメを理由に投資を
 止めるより、ある程度の影響は承知の上で投資を行うベキだと思
 っています。

 そして、充分な資金が出来た後は、個別銘柄での損害回避を考え
 た運用に切り替える事をオススメしています。

 コバンザメにやられる被害は年1%程度と言われています。です
 が、株が割安な時期ならば、配当や一株利益の方がもっと上。
 ですから、トータルでは利益が出せるハズです。

 ただ、株価指数そのものは、こんな被害を常に受け続けていると
 言う事は、知っておいた方が良いでしょう。

 次回からもETFつながりで、

 「個人投資家から、構造的にお金を巻き上げて市場にばら撒く、
  ある種のファンド」

 をご紹介します。
----------------------------------------------------------------
 (宜しければ下記も参考にしてください)
  ○アクティブリバランス投資法とは?!
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-86.html
  ○アクティブリバランス投資法、実行マニュアル
   http://ynavi.info/mag/act2.html
  ○主なバックナンバー
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html
  ○アクティブリバランス詳細解説リンク集
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-53.html
-----------------------------------------------------------------

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2012.05.09 Wed l 投資技法 l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/233-0f9703e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【はじめに】 #初めての方は「投資をマジメに考える」シリーズの  #ご一読をオススメします。  # http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html さて、「手を出したら、カモにされる金融商品」を続けます。 金融業界は、あの手この手で貴方の資産を狙って?...
2012.05.09 Wed l まとめwoネタ速neo