【はじめに】

#初めての方は「投資をマジメに考える」シリーズの
 #ご一読をオススメします。
 # http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html

 さて、「手を出したら、カモにされる金融商品」を続けます。

 金融業界は、あの手この手で貴方の資産を狙っています。
 注意しておきましょう!

 今回は「店頭取引商品」です。

【金融機関の店頭取引での稼ぎ方】

 今回のネタは、知っている方も多いと思います。
 ですから、ご存知の方は読み飛ばしてください。

 ですが、知らないあなたは「良いカモ」です。

 さて店頭取引商品、色々ありますが、まずはFX、CFDに注目して
 みましょう。

 最近では公開市場でのFXやCFDの取引も可能になっています。

 ですが、多くの証券会社や外為業者が用意している店頭FX、CFD
 も、それなりに人気があるようです。

 各業者とも低スプレッド、手数料無料、そして工夫された取引ツール
 を準備して、なるべく店頭取引に顧客を誘導しようとしています。

 なぜ、彼らは店頭取引に顧客を誘導しようとするのでしょうか?!

 答えは「その方が儲かるから」です。

 あたりまえですね!
 彼らは儲ける為に会社を作ったのですから・・・・

 さてその手段は中々に巧妙です。

 「取引手数料無料!」「業界最低のスプレッド」
 ※スプレッドとは売る時と買う時の価格の差です。
  通常、若干の差があって、これが業者の儲けになります。

 なんて言っています。
 でも、彼らはこれでも充分に稼げるのです。

 もちろん、取引対象の値段を操作したりは(あまり)しません。

 こんな事をすると「あの業者はボッている」とスグウワサになってし
 まい顧客減につながります。

 ですから「スワップ金利」をかすめとるのです。
 #スワップ金利の詳しい説明は避けますね!

 例えばある業者の4/23の日本円、アメリカドルのスワップレートは
 こんな感じでした。

   米ドル売り マイナス5円
   米ドル買い     0円

 もう、ここで分かる方は気づくと思います。
 本来、このスワップレートは売り方買い方、平等なハズです。

 つまり、「米ドル売りがマイナス5円」ならば「米ドル買いはプラス
 5円」でなくてはなりません。

 なぜこんな事がおきるのか・・・答えは簡単、業者が手数料を抜いて
 いるからです。

 同じ日の証券所FX(大証)のスワップレートは

   米ドル売り マイナス4円
   米ドル買い プラス 4円

 でした。

 わかりやすいですよね!

 売り方から1円、買い方から4円、これが業者の収入源です。
 まあ、年率0.2%程度ですからカワイイとも言えますが・・・

 でも良く考えてくださいネ。たがが0.2%と言えど・・・レバレッ
 ジ10倍にすれば年率2%の手数料と言う事です。
 変なファンドの信託報酬より高くなってしまいます。

 さて、この低金利時代、値動きの比較的少ないFXであれば業者もこ
 の程度しか抜けないのですが、値動きの大きいCFDになるとかなり
 派手に抜いてきます。

 例えば、「日経225」なんて場合、年率3%以上のスワップを抜い
 て来る事もあります。

 例えばある店頭CFDの日経225スワップポイントはこうです。
 #4/23の現実の値です。

  日経225買い マイナス 4円
  日経225売り マイナス13円

 これが毎日日経平均1枚(約9500円ですね)にかかってきます。
 #買いの方がロスが少ないのは配当があるからです。
 #逆に言うと、配当(年率約2%)含めてもマイナスと言う事。

 ここから業者が抜いている手数料を計算すると年率約3.2%と言う
 事がわかります。

 しかもレバレッジ最大10倍までいけます。
 レバ10倍となると、年率32%強ですね!。

 現在の日本ではこんな金利でお金を貸すと違法ですが(笑)
 この「スワップを抜く」と言う方法であれば違法ではありません。
 いやはや儲かる商売です。

 ちなみに同じ取引を取引所CFDである「株365」でやった場合、
 業者が抜くスワップポイントは「ゼロ」です。

 店頭CFDの場合、仮に1000万円の投資で、毎年32万円もの
 手数料を取らる事になるのです。しかもレバレッジ1倍で・・・

 それが、市場取引なら手数料ゼロ・・・えらい違いですよネ!

 このレベルになってくると、資産形成へのダメージも、かなりのレベ
 ルになってきます。

 こんな感じで、業者が自由に取引条件を決められる店頭取引は、投資
 家とっては不利な事が多いのです。

 取引はなるべく公平な取引所取引を活用しましょうネ。

 ただし、取引所なら安心か・・・と言うと、そうでも無い場合もあり
 ます。次回は取引所取引でもカスメとる、お見事な手法についてご紹
 介します。
----------------------------------------------------------------
 (宜しければ下記も参考にしてください)
  ○アクティブリバランス投資法とは?!
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-86.html
  ○アクティブリバランス投資法、実行マニュアル
   http://ynavi.info/mag/act2.html
  ○主なバックナンバー
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html
  ○アクティブリバランス詳細解説リンク集
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-53.html
-----------------------------------------------------------------

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2012.04.24 Tue l 投資技法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/229-4dfd3989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)