【はじめに】

#初めての方は「投資をマジメに考える」シリーズの
 #ご一読をオススメします。
 # http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html

さて今回はこれまでお話してきた「上手く行かない投資手法」を整理
 します。

 前回はギャンブルや投機を「投資」と区別したくて、あえて「資金運
 用」と言う言葉を使いました。

 そして「投資」は、「基本的には利益が出るもの」だと言う事も、ご
 理解頂けたと思います。

 ですが、「投資すれば絶対大丈夫か?!」と言うとそうでもありませ
 ん。今回はこのあたりを確認します。

【「投資」という名の「投機」】

 さて、特に株を始めたばかりの方が陥りやすい「落とし穴」です。

 私は「投資」の意味を
 「スポンサーからの資金提供を活用して利益を上げて行くもの」
 だと考えています。

 それでは短期売買はどうでしょうか?

 短期売買は「資金を現金のまま持っている」期間が長くなるハズ。

 この行為はせっかくの「スポンサーから資金提供を受ける機会」を
 放棄している事になります。

 つまりスポンサーから資金を得られない以上、利益を得るには
 「将来を予想して、言当てる」
 が必須になります。

 従いまして、短期売買は「投機」と言えます。

 そして、この「投機」・・・ホトンドの人が失敗しています。

 数年レベルでマトモに上手くいっているのは、1000人に一人程度。
 残り999人は「証券会社に売買手数料を寄付している」ダケです。

 ですから、私は「株の短期売買=投機」はオススメしていません。

 ホトンドの方はわざわざ難しい事をして、証券会社に手数料を寄付し
 ているだけなのです。

 そしてもう一つ・・・

 この短期売買の世界で最も成功したとも言えるジョージソロスさん。
 ご存知でしょうか?!

 実はこのソロスさんより長期投資家のウォーレンバフェットさんの方
 方が、実は稼ぎが多かったりします。しかもその差は今も広がってい
 ます。

 株の短期売買は「投資」と言う名の「投機」です。
 そして疲れるワリには利益につながりにくいと知っておきましょう。

 ギャンブル同様、知的ゲームとして「スリルを楽しむ」為であれば、
 他人がとやかく言うことではありません。

 ですが、儲ける為と言うならば、余程の自信が無い限り、手を出さな
 いほうが賢明です。

【損失回避の本能】

 さてオマケですが、人間には「損失回避の本能」がある事が「行動フ
 ァイナンス」と言うノーベル賞理論で明らかになっています。

 難しくはありません。

 人間は「儲ける機会を逸する」よりも「損失する事を」恐れる本能が
 あるのです。

 これは「損を恐れるがゆえに、短期売買をして、儲ける機会を失って
 しまう」のが人間の本能的な行動だと言う事です。

 下手な売買を避けるには理性で行動を律しなければなりません。

 多くの方はこの本能にも負けてしまっているのではないでしょうか?

 さらに、手数料を稼ぎたい証券会社の
 「リスク回避には損きりが必要」だの
 「自動売買でリスク回避をして利益が最大化」だの
 色々、変な情報が入ってきますから、厳しいですね!(苦笑)

 さて、
 反対に「売買しなければ良いか?!」と言うとそうとも言えません。
 
 次回は「単に積み立てるだけ」や「持っているだけ」の投資について
 考えて見ます。

----------------------------------------------------------------
 (宜しければ下記も参考にしてください)
  ○アクティブリバランス投資法とは?!
  http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-86.html
○主なバックナンバー
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html
○アクティブリバランス詳細解説リンク集
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-53.html
----------------------------------------------------------------

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2012.01.17 Tue l 投資技法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/199-752a0d6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)