【はじめに】

#初めての方は「投資をマジメに考える」シリーズの
 #ご一読をオススメします。
 # http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html

さて今回も「効率的市場仮説」に対する反論です。

 私は
 「株式市場は短期的にはかなり効率的だが、
  数年で利益を得ようとした場合、決して株式市場は効率的
  とは言えず投資機会を見るけるチャンスは多い」

 と考えております。その要因の一つが

 「多くのプロは1年間の成績を良くしたがる」

 だと説明申し上げました。

 今回は、さらに

 「プロは、自分の意思だけで株を売買しているワケではない」

 について説明します。
 
 実はこれ、本当に大きな要因だったりします。

【プロ(機関投資家)が自分の意思で売買できない理由】

 この事は意外と意識されていない方が多いのですが、プロは

  「株を買いたいと思っても、売らざるを得ない事」
  「株を売りたいと思っても、買わざるを得ない事」

 が、多々あります。判りますか?!

 そう、

  1:ファンドの顧客に「金を返せ」と言われれば、
    ファンドマネージャは「株を売って現金化」します。
  2:反対に顧客から投資の申し込みを受ければ、
    ファンドマネージャーは嫌でもある水準は株を買います。

 なのですね!

 そして、この「顧客は誰か」と言うと、個人だったり、財団、年金等
 の運用委員会だったりする訳です。

 効率的市場仮説が成り立つ為には

 「市場参加者がある程度、正しい情報を得て、合理的な判断をする」
 
 が必要です。

 ですが、機関投資家であればまだしも、先ほどの「ファンドの顧客」
 レベルになると、これがかなり怪しくなります。

 事実「ファンドの顧客」の多くは「過去の成績が良かった投資先に資
 金を向ける」と言う行動に出てしまっています。

 「新興国の株が上がった」となれば新興国の株を買い、
 「商品が高騰した」となれば金を買って・・・

 結局、人間の心理なんてこんな物なのでしょう。
 そして「大きな悪材料がでれば、大慌てで逃げ出す」ワケです。

 また、年金についても結構こんな事がなされている様です。

  1:株価が下げる
  2:全体の資産金額が減少
  3:リスクを取る余地が減る(資産の下限金額に近づく)
  4:リスクを減らす為、株を売り、安全な債券比率をアップ

 全ての年金がそうではありませんが、上記のような年金の行動が市場
 に影響を与えてしまいます。
 つまり、「高値圏で株を買い、安値圏で株を売る」人はかなり多いの
 です。
 
 個人的には「年金、全額自分で運用させろ」・・・と言いたい。(涙)
 
 #余談ですが、先日久しぶりにさわかみファンドの澤上さんにお会い
 #した所、例の調子で「アホが株売っとるわ!」でした。(笑)

 【長期的、非市場効率的仮説まとめ】

 さてまとめに入ります。

 プロが目を光らせている「短期市場」・・・これはおそらく稼ぐチャ
 ンスは少ない市場です。おおむね効率的市場と言えるでしょう。

 ですが、「ファンドの顧客」の資金が動き回る「中長期市場」
 これは、あまり合理的な判断なしに動いている可能性が高いのです。
 つまり、かなり非効率な可能性があります。

 そう考えると、日経平均がたがが4年で2倍になったり、その後の2
 年で半額になったりするのも理解できますよね!

 「効率的市場仮説」1年以下の期間でみれば概ね正しいと思います。

 ですが、長い目でみれば

  「株がその価値より安値で放置されている事や
   その価値より高値で買われている事は多々ある」

 これは、そんなにムリではないでしょ?!(と言うか自然?!)

 次回からは「リスクプレミアム存在仮説」に対する反論です。
----------------------------------------------------------------
 (宜しければ下記も参考にしてください)
  ○アクティブリバランス投資法とは?!
  http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-86.html
○主なバックナンバー
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html
○アクティブリバランス詳細解説リンク集
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-53.html
----------------------------------------------------------------

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2011.12.20 Tue l 投資技法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/191-70032179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)