【はじめに】

#初めての方は「投資をマジメに考える」シリーズの
 #ご一読をオススメします。
 # http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html

 前回は「リスク資産がプレミアムを持つと言う仮説」について、ご説
 明申し上げました。

 そしてこれが年金等の運用の基本概念である事もご説明しました。

 ですが、私はこの考えに疑問を持っています。
 今回はそのお話です。

【リスクプレミアム存在仮説への疑問】
 
 #今回も「リスク資産がプレミアムを持つと言う仮説」を
 #「リスクプレミアム存在仮説」と呼ぶ事にします。

 さてこの「リスクプレミアム存在仮説」、なんとなくモットモらしい
 のですが、実は次の様な矛盾を抱えています。

 例えば、日本人からみればUSドルは値動きのあるリスク資産です。
 ですから「リスクプレミアム存在仮説」が正しければ、
 「『円』より『USドル』は常に割安である」
 つまり、
 「長期的にはUSドルを所持するほうが高いリターンが得られる」
 という事になります。・・・この時点で少し変ですよね?!

 そして反対にアメリカ人からみれば「円」は値動きのあるリスク資産
 です。 ですから「リスクプレミアム存在仮説」が正しければ、
 「『USドル』より『円』は常に割安である」
 つまり、
 「長期的には『円』を所持するほうが高いリターンが得られる」
 という事になります。

 おかしいですよね!

 「リスクプレミアム存在仮説」が正しければ
  日本人とアメリカ人で高いリターンが期待できる資産が反対になる。
 なんて、現実にあり得ない事が起きてしまうのです。

 ですから、「リスクプレミアム存在仮説」は事実とはかなり違います。

 とは言え私も「株に関して言えば、リスクプレミアムらしき物がある」
 とは感じています。

 ただ長期運用の世界では

 「株のリスクプレミアムは、過去の統計から考えて**程度と
  考えられる」

 などの様に、リスクプレミアムがいつでも存在するかの様な言い方を
 します。

 そしてこう続くのです。
 「長い目でみれば貯蓄より株式投資のほうが高いリターンを望める。
  だから余裕資金を株で少しずつ積み立てておく事が望ましい」
 こんな感じですネ。

 これは言わば、
 「株は『常に、いつ買っても』リスクプレミアムがあるからお得です」
 と言っているに等しいワケです。

 私はこの「株にはいつでもリスクプレミアムがある」と言う論調には
 かなり違和感を覚えます。

 前回にも申し上げましたが
  
 日経平均のような「個別企業の影響が打ち消される組合せ」ですら、
 03年3月に8,000円だったものが07年には18,000円です。
 たった4年の期間で・・・です。
 
 18,000円の時の株にリスクプレミアムが有ったのでしょうか?!
 みなさんも違和感感じませんか?!

 さて、次回からBuy And Holdへの反論開始ですね!
-----------------------------------------------------------------
 (宜しければ下記も参考にしてください)
  ○アクティブリバランス投資法とは?!
  http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-86.html
○主なバックナンバー
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html
○アクティブリバランス詳細解説リンク集
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-53.html
-----------------------------------------------------------------

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2011.11.29 Tue l 投資技法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/184-1a815180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)