【はじめに】

 さて以前私は、株は将来は予想できないとの前提に立っても年5%程度の
 収益を期待できると書きました。

 あわせて先週、日本の株は値下がりし続けているにも関わらず、企業の資
 産は増え続けている事をご説明しました。

 「だからそれが何なのさ!」今回は、これにお答えしようと思います。

【株にはスポンサーがいる!】

 いきなり結論を書いてしまいました。

 「株が年5%程度の収益を期待できる理由」それは企業が資金提供をして
 くれているから・・・です。

 ここがギャンプルや外貨取引には無い大きな違いなのです。
 #FXはスワップ金利があるように思えますが・・・これは実は違います。
 #このあたりは別途ご説明申し上げます

 まず、「配当」です。
 「これは投資家に直接返されるお金」ですから分かりやすいですよね。

 そして、もうひとつ、「利益の内部留保」。

 これは配当を終えた後の「残った利益」を企業が蓄えてゆくもの。
 これによって株主資本(純資産)が増えてゆきます。
 #株主資本とは企業の持つ資産だと考えて下さい。

 ですから、もし株価が株主資本に比例するならば
 (PBRが変わらないならば・・・と読み替えて頂いても結構です)
 株主資本が増えた分だけ株価も上昇して行くのです。

 「株主資本が増えた分、株価も上昇する」

 残念ながら「かなり異常な日本」ではこの実感は少ないと思いますが、
 世界を見渡せば一般的な事実です。

 【日経平均での株主資本の増加】

 では、「株主資本が増えた分だけ株価も上昇する」と仮定した場合、毎年
 どの程度の額、株主資本が増えるか・・・です。

 例えば・・・(下記は配当分も再投資するとの前提:日経平均ベース)

 (1)バブル崩壊から今までの平均 260円/年
 (2)過去8年間の平均 460円/年
 (3)今期の予想利益(四季報ベース) 620円/年

 なんて数字が参考になりそうです。

 ここでは、間を取って「過去8年間の平均 460円/年」を基準にして
 みますネ。

 #なぜ「8年を基準にしているか」については
 #http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-50.htmlをご参照下さい。

 つまり
 「企業は日経平均1株あたり、毎年460円の資金提供をしてくれる」
 という事になります。

 この「毎年460円」。リーマンショックや震災を含む8年間の平均です
 から、かなり控えめだと思いますヨ。

 例えば来年3月末の株主資本は、こんな風に考えられます。
 
 今年、3月末の株主資本は約7700円でした。今年度、企業が460円
 提供してくれるならば

 来年の株主資本(8160円)=今年の株主資本(7700円)+資金提供(460円)

 と、なります。
 
 PBRが今と変わらないと言う前提に立てば、来年の株価は

 来年の想定株価(9547円)=来年の株主資本(8160円)×PBR(1.17)

なんて言えそうです。(実際には配当分目減りしますケレド)

 ですから、株を持っている間は(控えめに見て)毎年460円程度、配当か
 株の値上がりを受け取る事ができるのです。

 株価がおよそ9,000円ですから毎年5%、何かを頂ける計算です。

 【まとめ】

 とは言っても、株価は年間20%以上の派手な値動きをします。

 この5%なんて隠れて見えなくなってしまうのです。

 でも、5%を馬鹿にしてはいけません。カジノなんてこの5%を顧客から
 カスメ取る事で経営が成り立っているのです。

 ですから、株価の根本に「株主資本の増加」がある事は知っておいた方が
 よいと思いますよ。

 そして・・・今の日本のPBR、限界に近いぐらい「低い」と思います。
 いくら日本の未来が暗いと言っても「行きすぎ」と思う次第。

 ですから、今後は最低限「株主資本の増加」程度は上昇して行くのではな
 いかと考えています。
 #もちろん、上がったり下がったり、しながらでしょうけれど・・・

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2011.08.16 Tue l 投資技法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/152-415334ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)