さて前回私は、株は将来は予想できないとの前提に立っても年5%程度の
 収益を期待できると書きました。
 今日、今に至ってもその気持ちはまったく揺らいでおりません。

 #本当は「バクチは儲からないのヨ」を先に書こうと思っていたのです。
 #しかし、株価が急落しましたので順番を変えました。(苦笑)

 このあたりをご説明したいと思います。皆さん興味ありますよね!

 実はこれが「儲かる投資」と「マネーゲーム」を根本的に分ける根拠だと
 思っています。

 よくある「過去何年の平均を取るとウンヌン」なんて下らない話しではあ
 りませんのでご安心下さい。

【日本の不幸】

 さて、「株は年5%程度の収益を生む」なんて言われても、信じない人が
 「日本では」多数派なのだと思います。

 なぜなら、1989年末に4万円近い値をつけた日経平均が今や1万円以下
株価は平均で毎年約7%もの下落をしている計算です。
 信じろと言うほうがムリですよね!

 ところが反対に例えばアメリカはどうでしょう?!

 1989年頃には$2753だったNYダウは今や$11000です。本のまったく反対。
 約4倍になっています。

 ドイツも1500(ポイント?)が今7000だったり、全てを調べた訳ではあり
 ませんが、20年も株が下げ続けているのは「日本だけ」ではないでしょ
 うか?!

 私たちはこんな、極めて珍しい国に住んでいるのです。

 だからって「そろそろ反転する」なんて単純な事は言いませんよ!

【それでも増えた○○○○】

 この値下がりの原因。簡単に言うとバブルで株価が(土地もですが)上が
 り過ぎた反動なんです。

 ここで思い出してください。「株とは何」でしたでしょうか?!

 そう株とは企業の一部、株を持つことは企業の一部を所有することです。

 そして、肝心の企業活動はどうかというと・・・この20年間も企業は
 それなりに稼いで資産を殖やし、配当も続けています。

 例えば日経平均で言うと

    1989年末の企業の1株当たり資産は約6,900円
    2011年7月末の 1株当たり資産は約9,000円
    あわせてこの間の配当は合計約3,100円です。

    #上記の株主資本は日経新聞社の公表ベース、
    #会社発表値とは若干定義が違っています。

 なんて結果だったりします。

 この20年、特に最初の10年程は大変な時期。企業がが損を出しまくっ
 て資産処分を進めた時期です。

 それでも20年間で約5.200円もの金額が蓄積又は還元されてきたのです。

 もしPBRが世界平均の1.9倍が適正な株価だとすると、

  1989年末の適正な株価   13,110円(本当の株価は38,877円)
2011年7月末の適正な株価 17,100円(本当の株価は 9,833円)

 なんて話になるのです・・・しかも配当の後で・・・です。
 あくまで「たとえ話」ですので、真に受けないで下さいネ!

 1989年当時のPBRは5.7倍・・・世界でも稀に見る異常な株価でした。

【だから、それが何なのさ!】

 はい、そう思われる方が多くいらっしゃると思います。
 
 すいませんが、続きは来週!(平日に長文はキツイ)

#Eブック、プレゼント中
#詳しくは http://ynavi.info/mag/

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2011.08.09 Tue l 投資技法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gookabu.blog48.fc2.com/tb.php/150-8a4bc370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)