---------------------
詳しいガイドブック差し上げています(無料)
クリック→ちょいアク簡単投資法ガイド
---------------------

■「買い建て指数**%」とは・・・

資金100%のうち、理論的に株の買い建て推奨できる資
金配分が**%と言う事を意味します。

詳しくは「アクリバ・・・」の方で説明致しておりますが、
「最適化時分割ポートフォリオ」と言う考え方で算出して
います。

簡単に言うと、

 1:今株を買った場合のリスク/リターン
 2:将来株を買った場合のリスク/リターン

を想定、これらの最適な資金配分を算出している事になり
ます。

時と共に(株価の変動によって)リターンが変わると言う
前提を除いては「現代ポートフォリオ理論」の発想と同じ
です。

■「リバランスポイント」の使いかた。

「リバランスポイント」はリバランスを行うべき株価と推奨する株式投資比率
を10%刻み表しています。

例えばリバランスポイントが下記の場合

   基準株価   下落時    上昇時
   16,100円   40%→50%   60%→50%
  ○15,300円   50%→60%   70%→60%
   14,300円   60%→70%   80%→70%

日経平均が15500円→15300円に値下がりした時には
株式投資比率は50%→60%に変更します。

その後反対に15300円→16100円に値上がりした場合は
株式投資比率を60%→50%に変更します。
#逆に14300円まで値下がりすれば、投資比率を70%にします。

注)このポイントや比率は日経平均の想定価値により変動します。
  常に最新のリバランスポイントを参照してください。

■「上下指数参考値」の使いかた。

「上下指数参考値」とは上下に5、10%の値動きがあった場合
 の買い建て指数です。(2016/2/14より20%は廃止しました)
 
 これには下記の二つの使い方があります。

 【その1】指値での自動ポジション変更設定

   例えば
     ・今の買い建て指数          80%
     ・株価10%UP時点での買い立て指数  70%
     ・株価10%Down時点での買立て指数   90%

   の場合、

     ・株価10%UPの指値で、所持している株10%分の売り
      ※正確には10%値上がり後の10%ですから11%になります。
     
     ・株価10%Downの指値で、所持している株10%分の買い
      ※正確には10%値下がり後の10%ですから9%になります。

   の注文を出しておけば、自動的にリバランスしてくれると言うワケです。

   そして注文が執行されたら、次の注文を入れておけばよいのです。
   楽チンで正確なアクティブリバランスが実行できます。


 【その2】私の想定にご不満の場合!(笑)

   例えば
     ・今の買い建て指数          80%
     ・株価10%UP時点での買い立て指数  70%
     ・株価10%Down時点での買立て指数   90%

   とします。

   ここで「のりダー想定は低い!モット株価はあがるはず」と思う方は
   「株価10%Down時点での買立て指数」を採用下さい。
   
   これで、私の想定より10%高い株価を想定していることになります。

   反対に

   「のりダーの想定は高い!そんなに株価は上がらない」と思う方は
    「株価10%UP時点での買立て指数」を採用下さい。
   
   これで、私の想定より10%低い株価を想定していることになります。

   指数は±5%、10%で準備しています。これだけあれば
   かなりのことができると思います。(20%は廃止しました2016/2/14)

   参考にしてみてください。 

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2010.12.04 Sat l 目次リンク集 l top