私は金融工学とバリュー分析を応用した 
 「アクティブリバランス投資法」を実践しています。

 ここでは、背景となる理論ややり方の詳細について
 ご紹介しています。

 本当に理にかなって、簡単な手法なのです。
 知っておいて損はないと思いますヨ!

 初めての方まずバックナンバーをご一読頂く事を
 オススメします。

 バックナンバーはこちら 

「マネーゲームではない、本当に殖やす投資」一緒に考えて見ませんか?!
 
【アクリバその32】アクティブリバランス投資法まとめ1!

 そろそろ、書く事がなくなって来ましたので、一度このシリーズはまとめ
 させて頂こうと思います。
 ※年明けあたりからちょっと別の内容でのアップを考え中。

 私の提案させて頂いている
 「ちょいアクティブ、簡単だけどプロにも勝っちゃうぞ!投資法」
 の全体像をご説明します。

今回はポリシー偏です。

【ポリシー】

 1:投資(勉強/分析)に無駄な時間をかけない!

  私は「投資」とは生活を豊かにするために行う物だと考えています。

  そう考えると「投資の為に勉強/分析の時間を費やす」なんて本末転倒で
  す。・・・ですから最低限の時間で実行できる投資法を目指しました。

  もっと儲かる方法はあるかもしれません。
  でも、それを実現するためには「とてつもない時間と費用そして努力」が
  必要なハズ。

  私は、こんな事はイヤです。

  #例えば「Jコム」さん、お金をお持ちの事は素直に羨ましいです。
  #でも、あのトレード漬けの生活は羨ましくありません。

 2:無駄な挑戦はしない。

  例えば「テクニカル分析は無意味」なんて事はプロの間では常識。
  ファンダメンタル分析もかなり怪しいものがあります。

  こんな分析に時間を費やすのではなく、シンプルに「価値と価格の差」
  を頂く方法に徹します。
  これはプロの間でも効果が認識されている手法です。
  しかも「正確」である必要はありません。アバウトで良いのです。

 3:理にかなった手法であること

  理論的な背景検証は徹底的に行っています。
  金融工学も使って、間違いの無い、リスクの少ない投資手法に仕上がっ
  たと考えています。

 4:Buy And Holdに負けないこと

  普通アクティブ投資は「インデックスを買って放って置くだけ」の投資
  に負ける事が多いのです。

  ですが、これでは無意味です。Buy And Holdに勝る手法を目指して設計
  しました。(平均が同一レバレッジの場合)
  当然ながら、企業が出す利益も最大限受け取る事を目指しています。

次回はいよいよ最終回!
この投資手法の概要、実際の投資成果についてです。


          ←前へ次へ→




お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2010.11.27 Sat l 投資技法 l top