【6/21の日経平均】

 終値 21,259円(先週末比+142円)

【シカゴ日経平均先物 21日】(かっこ内は大阪日中比)

 円建て9月限 21,175円(-15)

【ロイター見通し概略】

 中立(一進一退との表現)

 詳しくは
 https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-wklyoutlook-idJPKCN1TM0NO

【勝手な個人見解!】
 ----------------------------------------------------------
 ※あくまで個人見解です。結果について、責任負えません。
 ----------------------------------------------------------
 2020年6月末に向けての225価値想定19,500円
 ※価値想定は予想ではありません。
  市場マインドがニュートラルの場合の株価とお考え下さい。

 買い建て指数6.3%(暫定版)おおむね現金確保

 ※リバランスポイント参考値(暫定版)
   基準株価   下落時    上昇時
  ○21,500円   0%→0%   10%→0%
   21,100円   0%→10%   20%→10%
   20,700円   10%→20%   10%→20%

 ※上下指数参考値 (暫定)
   週末×1.10 23,385円  0.0%
   週末×1.05 22,322円  0.0%
   週末÷1.05 20,246円  31.6%
   週末÷1.10 19,326円  48.6%

  #リバランスポイント、上下指数については
  # http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-107.html
  #をご参照下さい

〇個人見解の補足

  日経平均は一進一退。

  シカゴ先物も軟調で、少なくとも上昇の勢いなんてものは感じ
  られない状態が続いています。

  米中の摩擦というか冷戦の影響と言うべきでしょうか?

  そんな中、先週発売になった会社四季報の日経平均一株利益予
  測を集計してみました。

  結果、笑ってしまいました。

  ちなみに今期の一株利益予測は約1350円と言う所です。

  これは四季報も企業の発表も同レベルですので、おそらく妥当
  な水準なのでしょう。

  ところが、四季報の来期予測はなんと一株利益1500円超。

  過去最高レベルの利益を上げているさなかで、さらにこの強気
  予測。

  本当ならば、日本の未来は明るいのですけれど・・・。
  #きっと年金問題も解消する事でしょう。

  建設業界のオリンピック需要もピークを過ぎたとの報道がでて
  きていいます。(日本経済新聞6月21日記事)

  携帯3社に対する政治圧力も強まるばかり。

  そして、中国頼みのロボット業界。

  皆様はどう考えますか?!

  同じく日本経済新聞6月21日記事でアナリストの株価予想が掲
  載されていました。

  そこに記載されていた年末の「高値」予測は上は25000円、下
  は20,000円でした。

  「年末の株価が『高値であっても』を今の株価をを下回る」

  こんな発言をされているアナリストが出始めたという事は、
  頭に入れておいて良さそうです。(野村AM 榊茂木氏)

  私は弱気の想定を継続してゆきます。
------------------------------------------------------------
 (宜しければ下記も参考にしてください)
  ○アクティブリバランス投資法とは?!
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-86.html
  ○アクティブリバランス投資法、実行マニュアル
   http://ynavi.info/mag/act2.html
  ○主なバックナンバー
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html
  ○アクティブリバランス詳細解説リンク集
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-53.html
------------------------------------------------------------

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2019.06.23 Sun l 週間想定 l コメント (0) トラックバック (0) l top