【7/19の日経平均】

 終値 21,467円(先週末比▲219円)

【シカゴ日経平均先物 19日】(かっこ内は大阪日中比)

 円建て9月限 21,265円(-115)

【ロイター見通し概略】

 中立(レンジ取引との表現)

 詳しくは
 https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-wklyoutlook-idJPKCN1UE0KC

【勝手な個人見解!】

 ----------------------------------------------------------
 ※あくまで個人見解です。結果について、責任負えません。
 ----------------------------------------------------------
 2020年7月末に向けての225価値想定19,500円
 ※価値想定は予想ではありません。
  市場マインドがニュートラルの場合の株価とお考え下さい。

 買い建て指数0.0%(暫定版)おおむね現金確保

 ※リバランスポイント参考値(暫定版)
   基準株価   下落時    上昇時
  ○21,500円   0%→0%   10%→0%
   21,100円   0%→10%   20%→10%
   20,700円   10%→20%   10%→20%

 ※上下指数参考値 (暫定)
   週末×1.10 23,614円  0.0%
   週末×1.05 22,540円  0.0%
   週末÷1.05 20,445円  27.3%
   週末÷1.10 19,515円  45.5%

  #リバランスポイント、上下指数については
  # http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-107.html
  #をご参照下さい

〇個人見解の補足

 さて、私事(?)ながら一点ご報告です。

 2か月に一度更新のアクティブリバランス運用実績。

 比較対象にしているモーニングスター大型グロース株ファンド部
 門(日経平均が含まれる部門)の5年シャープレシオランキング
 で、ついに1位のファンド(厳選投資)に勝つ事ができました。

 http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-518.html

 単月とは言え、やはりうれしいものですね。

 以前もお話しした事があった様にも思えますが、アクティブリバ
 ランスの成績が上がったと言うより、他のファンドの成績が落ち
 たと言うのが正しい状況。

 今のところ、守りに入っているアクティブリバランスの方に市況
 が有利に働いたという事だと思います。

 やはり銘柄選択だけで、株式市場全体の下落や停滞を乗り切るの
 は難しいのですよね。
 #一般の株式ファンドは通常100%の資金で株を買っています。

 アクティブリバランスはその点、現金にお金を逃がす事が出来ま
 すので下落が予測される場合の対処はしやすいです。

 でも、株式ファンドが、下落が予想される局面でも株の比率を下
 下げないのにも理由があります。

 「下落が予想される局面」と言うのが、かなり把握が難しいと言
 うのが現実。

 アクティブリバランスも下落を予想しているワケではなく、株が
 割高か割安か、だけを判断材料にしています。

 これも簡単ではないのですが・・・。

 さて目先の市況ですが、やはり4~6月期決算がどうなるかでム
 ードは大幅に変わるでしょうね。

 8月初には大勢が決していると思いますが、私はやや悲観的です
 し、市場も悲観的な方向に傾いていると感じます。

 冷静に状況を見守りたいと思います。
------------------------------------------------------------
 (宜しければ下記も参考にしてください)
  ○アクティブリバランス投資法とは?!
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-86.html
  ○アクティブリバランス投資法、実行マニュアル
   http://ynavi.info/mag/act2.html
  ○主なバックナンバー
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html
  ○アクティブリバランス詳細解説リンク集
   http://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-53.html
------------------------------------------------------------

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2019.07.20 Sat l 週間想定 l コメント (0) トラックバック (0) l top